“おめおめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
阿容々々50.0%
唯々16.7%
阿容16.7%
阿容〻〻16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さては彼の虎めにはれしか、今一足早かりせば、阿容々々おめおめかれは殺さじものを」ト、主人あるじ悶蹈あしずりしてくやめども、さて詮術せんすべもあらざれば
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
この中にも書いてある、まるで何だ、親か、兄弟にでも対するやうに、恐ろしく親切を尽してつてな、それで生命を助かつて、阿容々々おめおめと帰つて来て、あまつさへこの感状を戴いた。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「何新聞か知らんけれど、それは間の間違ぢやが。おれならそんな場合に出会うたて、唯々おめおめうたれちやをりやせん。何の先は二人でないかい、五人までは敵手あひてにしてくれるが」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
間さん、貴方、私の申上げた事をば、やあ道ならぬの、不義のと、実に立派な口上を有仰おつしやいましたでは御座いませんか、それ程義のお堅い貴方なら、何為なぜこんな淫乱いんらん人非人にんぴにん阿容おめおめけてお置き遊ばすのですか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私は阿容〻〻おめおめとまた粕谷の旧巣ふるすに帰って来ました。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)