“はいはい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
唯々50.0%
灰々25.0%
肺鞴25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御自分の口から出てゆけとは仰しやりませぬけれど私がこの様な意久地なしで太郎の可愛さに気が引かれ、どうでも御詞に異背せず唯々と御小言を聞いておりますれば
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たゞ其の外の皮膚形骸の破壞缺損せられずして、身猶生けるが如くなるに、心鼓休み、肺鞴動かざるに至るを以て、神既に去るを見て、非器分と器分とを分離し得べきやうに考へたのであらう。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)