“じぶんかつて”の漢字の書き方と例文
語句割合
自分勝手100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この興味は、ごくどい工夫にあるので、若菜まうとしてゐたに、自然つてくれないといふことを、自分勝手に、つごうよくしたものであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
へば自分勝手なもので、よいには何事しもりませぬけれど、しいの、のとつて、以前あつたか、これからへるについてか、大層よさゝうな、立派さうな
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)