“じばう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自坊50.0%
自暴50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手向候者一人も是なし拙僧宗旨の儀は親鸞上人よりの申にて無縁に相成候へは日には自坊より香花手向佛前に於て回向仕つり候なりと元より墓標
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
宗助一語に、あらゆる自暴自棄と、不平憎惡と、亂倫悖徳と、盲斷決行とを想像して、是等一角れなければならない坂井
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)