“じどうてつおりのくるま”の漢字の書き方と例文
語句割合
自動鐵檻車100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌日から、東雲薄暗時分から、星影つるまで、眞黒になつて自動鐵檻車製造從事した。
自動鐵檻車出來なさい、如何危險塲所だつて平氣なもんです、猛狒獅子行列てゝつてで、此方鐵檻車から猛獸惡相目掛けて