“しんせき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
親戚94.9%
真蹟1.5%
臣籍1.0%
親藉1.0%
新関0.5%
親威0.5%
親籍0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて納棺の用意もできるころには、東西の隣宿から泊まりがけで弔いに来る親戚旧知の人々もある。寿平次、得右衛門は妻籠から。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
以上みなその真蹟を石印に写したるもの、くは髣髴として、その真を失わざらん。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
藩主の息女である富子の方が上野介の室へいだ後に、吉良家へ臣籍を移された者なのである。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十三世通天和尚は、 霜台君の(謙信の事)親藉にて、高徳の聞えは今も口碑にのこれり。 景勝君も此寺にび玉ひしとぞ。
おちこちの新関は撤廃し、記録所を興して、寺社の訴訟も親しく聴かれ、御余暇といえ、学殖のお養い、禅の研鑽など、聖天子たるの御勉強には、大御心のたゆむお暇も仰げぬという。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この家族の移転を主として妨げているのは、むしろ完全な絶望感であり、親威や知人の仲間のだれ一人として経験しなかったほどに自分たちが不幸に打ちのめされているという思いであった。
変身 (新字新仮名) / フランツ・カフカ(著)
故郷の朋友親籍兄弟、みなその安着のを得て祝し、さらにかれが成功を語り合った。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)