“しらが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シラガ
語句割合
白髪86.8%
白髮7.0%
白毛5.4%
白河0.4%
白頭0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小姓がを静かに引くと、白髪りの安井の頭と、月代に赤黒いしみがになっている藤井又左衛門の頭とが、並んで平伏していた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかしそれは着物を着てゐて、馬ののやうに荒々しい、黒い白髮まじりの房々とした毛が頭と顏をかくしてゐるのであつた。
吉田さんは、東京へおいきなきるって、ほんとうですか。」と、年寄って、もう白毛える先生が、いわれました。
汽車は走る (新字新仮名) / 小川未明(著)
また今西伊之君の談によると、同国字陀郡の篠楽足立、また磯城郡の白河などにも、同じく鬼筋というのがあるという。
お互に年を取つて、白頭になつてゐたけれども、それでも気分は変らなかつた。元気な調子でKを迎へた。
田舎からの手紙 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)