“しよちうきうか”の漢字の書き方と例文
語句割合
暑中休暇100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其處で、暑中休暇學生たちは、むしろ飛騨越松本したり、白山づたひに、夜叉美濃路つたり、には佐々成政のさら/\ねたいのさへある。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
おなじく大學學生暑中休暇歸省して、糠鰊……くて、があつて、をピリヽと刺戟する、漬込んだ……にんでたのと一所に、金澤つて、徒歩で、森下津幡石動
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)