“しやれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
洒落99.2%
滑稽0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爐端くあとへ、へ、をならべて、幾百をなしたのが、一息に、んだのであるとふ。洒落れたもので。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「成程、あの墓石に耳を当てがふと、何時でも茶の湯のる音がしてまんな。俳優甲斐洒落墓石が一つ欲しうおまんね。」
それが、怎して村一番の乱暴者かといふに、根が軽口の滑稽に快く飲む方だつたけれど、誰かしら酔ひに乗じて小生意気な事でも言出すと、座がけるのを怒るのか
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)