“しゃれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
洒落99.0%
洒灑0.2%
修飾0.2%
化粧0.2%
戯言0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ほんとうに悪い洒落だ。この寒空につめてえ真似をするもんじゃあねえ。早く行かねえと、引き摺って行って、橋番に引き渡すぜ」
半七捕物帳:37 松茸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
石造の洒灑た三階建てで、前庭は芝生を覆うて、一かかえに余る林檎の樹が茂っておる、人気もないくらい、しーんとした玄関側に車を止めると、白衣をつけた看護婦が待っていた。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
ホテル・シュタウプバッハは洒灑た宿である。然し本館は九月の末から閉じてしまって、リュチーネに向かったシャレーに、小さな室をあてがわれた、板敷の、低い天井も旅らしくて面白い。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
「いやそうでないぞ。近頃だいぶ修飾るところをもって見ると。ことにさっきの巻煙草入の出所などははなはだ疑わしい。そう云えばこの煙草も何となく妙ながするわい」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それに日本の妻君は三日に上げず髪を結うという手数もある。だから自然と料理のことを嫌ってお化粧の方へ手数をかけたがる。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
... 頂戴」お登和微笑み「差上げたくってもモー種が尽きました、残らず貴君が召上っておしまいで。オホホそれでもお皿だけは残りました」と娘もなかなか戯言を言う。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)