“しうとご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
岳父御50.0%
舅御50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眼ざめ来れば、身は南蛮寺下の花畑の中に在り。茫々として万事、皆夢の如し。わが曾て岳父御しうとごに誓ひし一生不犯ふぼんの男の貞操は、かくして、あとかたも無く破れ了んぬ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
岳父御しうとごよ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
PR