“ごろごろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
碌々22.2%
轟々22.2%
殷々闐々11.1%
磊々11.1%
磊磊11.1%
転々11.1%
轢々11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が、毎日あまりに所在なく退屈さうに碌々ごろごろとしてゐるので、母も、相当の迷惑をおしかくしながら、私のために気の毒がるやうにそんなことを云つた。——「折角、みんなと一処に来てゐるのにね。」
毒気 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
学校は勝手にめて来るし、ああして毎日碌々ごろごろしてゐて何をする積りなんですか。私は這麽こんな性質たちですから諄々つべこべ言つて見ることも御座いますが、人の前ぢや眼許りパチクリ/\さしてゐて、カラもう現時いま青年わかいものの様ぢやありませんので。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼処かしこに置捨てた屋台車が、ぬしを追うて自らきしるかと、ひびきが地をうねって、轟々ごろごろらいの音。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一町ばかりを絶えず続いて、轟々ごろごろと田舎道を、清水港の方から久能山のかたへ走らして通る、数八台。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いちみやの渡を渡って分倍河原に来た頃は、空は真黒になって、北の方で殷々闐々ごろごろ雷が攻太鼓をうち出した。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
大きな火山岩の磊々ごろごろした防火地帯へ来ると、やがて堂々たるホテルの体形をとゝのへた長尾氏のヒユッテが左手の少し低いところに見えて来た。
霧ヶ峰から鷲ヶ峰へ (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
湯の豊富なことは恐らく世界一で、更に町を離れて大きな石塊の磊磊ごろごろしてゐる野を突切つて観音寺へ行つて見ると、そこは大友宗麟(?)の居城の跡とかで見晴らしのいい高台に温泉が湧いてをり、そこから奥へ入つて行つて、かんなわの湯だとか明礬の湯だとか半里か一里ごとに色々な温泉が噴出してゐる。
佗しい放浪の旅 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
いつもこんな日には、外稼ぎの連中は為事しごとにも出られず、三度の飯を二度にして、転々ごろごろ襤褸布団ぼろぶとんくるまりながら冴えない顔をしているのだが、今日ばかりはそうでない。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
「じゃ来年は二十はたちだ。私なんかそのころはもう旅から旅を渡り歩いていた。君はそれで、家も双親も国にはあるんだっけね。じゃ、早く国へお帰んなせえ。こんなとこにいつまでも転々ごろごろしていたってしようがねえ、旅用だけの事は何とか工面くめんしてあげるから。」
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
と言つてる時、思ひがけなくも轢々ごろごろといふ音響ひびきが二人の足に響いた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)