“くびす”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてするりとらして、女の前に、白き手を執りて、発熱かと怪しまるるほどのあつき唇を、冷やかに柔らかき甲の上につけた。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
而して駒ヶ嶽登臨の客は多くこの地よりするを以て、夏時白衣行者陸續としてを接し、旅亭は人を以てめらるゝと聞く。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
やがて、三足、四足と、急速にを返すと、まっしぐらに、身をねじ向けた娘、そのまま真一文字に、もと来た道へせ下ってしまいます。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)