“かかと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カカト
語句割合
98.4%
1.2%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
背後から、跫音を立てずに来て、早や一方は窪地の蘆の、片路の山の根を摺違い、慎ましやかに前へ通る、すり草履にの霜。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
東京は目のむ所である。元禄の昔に百年の寿を保ったものは、明治のに三日住んだものよりも短命である。余所では人がであるいている。東京では爪先であるく。逆立をする。横に行く。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昔の長毛はキチンとした紅緞子で頭を包み、後ろの方へ下げてずっと後ろの方へ下げて、脚のの方まで下げた。王様は黄緞子でこれも後ろへ下げていた。
風波 (新字新仮名) / 魯迅(著)