“起居振舞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たちいふるまい88.9%
たちいふるま11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主水はなにかしらの存念を胸にひそめているらしい。それは起居振舞やものの言いかたが、この頃なんとなく変ってきたことでもわかる。
鈴木主水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「だって、急に起居振舞が小笠原流になったり、っ小僧がハミ出してるくせに、日本一の鹿爪らしい顔をしたり、お前よほどあわてているんだろう」
が、何よりも私の気に入ったのは、口のききよう、起居振舞いなどの、わざとらしくなく物静かなことであった。そして、生まれながら、どこから見ても京の女であった。
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)