“行住坐臥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎょうじゅうざが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世人の重き宝を盗もうと思い、強い敵を打たんと思い、絶世の美人を得ようと思うものは、行住坐臥ぎょうじゅうざが、その事の実現のために心を砕いている。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
私の講演を行住坐臥ぎょうじゅうざが共に覚えていらっしゃいと言っても、心理作用に反した注文なら誰も承知する者はありません。
現代日本の開化 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
行住坐臥ぎょうじゅうざが、すべてこれ道場である。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
身体からだの局部がどこぞ悪いと気にかかる。何をしていても、それがコダワって来る。ところが非常に健康な人は行住坐臥ぎょうじゅうざがともにわが身体の存在を忘れている。一点の局部だにわが注意を集注すべき患所かんしょがないから、かく安々とゆたかなのである。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ははあ、それは至極好記念でございますが、また一方から申しますと、宗舟画伯きわめてお人が悪い、さだめて我々が行住坐臥ぎょうじゅうざがのだらしのないところを、いちいち実写にとどめて、後世にまで抜き差しのならないことにたくんでお置きなさる、我々はいつのまにか宗舟画伯に生捕られて、画伯の名を成すために
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それがはたで見ていても、余り歯痒はがゆい気がするので、時には私も横合いから、『それは何でも君のように、隅から隅まで自分の心もちを点検してかかると云う事になると、行住坐臥ぎょうじゅうざがさえ容易には出来はしない。だからどうせ世の中は理想通りに行かないものだとあきらめて、い加減な候補者で満足するさ。』と
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
主人のように裏表のある人間は日記でも書いて世間に出されない自己の面目を暗室内に発揮する必要があるかも知れないが、我等猫属ねこぞくに至ると行住坐臥ぎょうじゅうざが行屎送尿こうしそうにょうことごとく真正の日記であるから、別段そんな面倒な手数てかずをして、おのれの真面目しんめんもくを保存するには及ばぬと思う。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)