“薄紅色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うすべにいろ50.0%
ときいろ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの子は、十分ばかり前に、箱の中から可愛い薄紅色上着を引張り出した。それをひろげると、あの子の顏は、嬉しさに輝いた。
薄紅色透取硝子杯の小さいのを取って前に引いたが、いま一人哲学者と肩をべて、手織の綿入に小倉の羽織を脱いだのを、長く椅子の背後に、裏をして引懸けて
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
薄紅色に深く唐草を散らした壁紙に、立ちながら、手頃に届く電鈴を、白きただ中に押すと、座に返るほどなきにがある。入口の戸が五寸ばかりそっとく、ところを振り返った母が
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
扮装は黒縮緬に変り裏の附きましたのに帯はございませんで、薄紅色のしごきを幾重にも巻附けまして、丸髷は根が抜けてがっくりと横になって、の髪も乱れて櫛簪揷も抜けて居てありませんで