“無雜作”のいろいろな読み方と例文
新字:無雑作
読み方割合
むざふさ75.0%
むざうさう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人とも楊枝ともかないもので、無雜作饅頭つて、むしや/\めた。宗助つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
その、何氣ない無雜作な點が、却つて人をにし、誇らしい態度が却つて抵抗しがたく人を惹きつけるのだ。