“海盤車”の読み方と例文
読み方割合
ひとで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫を奪おうとした憎むべきリメイに断乎としてヘルリスを挑むべく、海盤車に襲いかかる大蛸の様な猛烈さで、彼女はア・バイの中に闖入した。
南島譚:02 夫婦 (新字新仮名) / 中島敦(著)
きっと犯人の古典好みから、ロドマンの円弾海盤車のような白煙を上げて炸裂するだろうよ
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
京子は、ボイルのような、羅衣を着ていた。し、その簡単な衣裳は、却って彼女の美に新鮮を与え青色の模様の下に、躍動する雪肌は、深海の海盤車のように、かであった。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)