“海盤車”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
ひとで100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海盤車”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 生物科学・一般生物学 > 生態学100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
夫を奪おうとした憎むべきリメイに断乎としてヘルリスを挑むべく、海盤車ひとでに襲いかかる大蛸おおだこの様な猛烈さで、彼女はア・バイの中に闖入ちんにゅうした。
〔出典〕南島譚:02 夫婦(新字新仮名)/中島敦(著)
まるで海底の海盤車ひとでのようにいぎたなく突き出されて見え、そこら一面には、着物や肌着などが
〔出典〕夢鬼(新字新仮名)/蘭郁二郎(著)