“是非曲直”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜひきょくちょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしことにあたるか否かを判断するときは、すべからく感情をけ冷静に是非曲直ぜひきょくちょくの判断を下すを要する。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
もはや時勢もここに至りそうろうてはさらに言語口舌こうぜつをもって是非曲直ぜひきょくちょくを争いがたければ、腕力のほかこれなかるべし。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)