“御老人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おとしより33.3%
ごらうじん33.3%
ごろうじん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御老人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
御老人おとしよりにお小使はおしなさい。小児こどもと老人は兎角無駄費むだづかひをしたがるもんですから。」
失礼しつれいしました。御老人ごらうじん貴下あなた大先生だいせんせいです。うか、御高名ごかうめいをお名告なのください。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
御老人ごろうじん。」
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「いや、びっくりなさるのはごもっともです。わしはこんなことを白状はくじょうするつもりじゃありませんでした。しかし御老人ごろうじんこころのよいおかたで、わしらをまっとうな人間にんげんのようにしんじていてくださるのをては、わしはもう御老人ごろうじんをあざむいていることができなくなりました。」
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)