“無駄費”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むだづか66.7%
むだづかひ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無駄費”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
公休日というものも設けず、毎日せっせと精出したから、無駄費むだづかいもないままに、勢いまる一方だった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
怖ろしい榴弾砲やきう砲やを敵の砲兵に見つからないやうに、枯木や、木の株のやうに彩色する一方では、壊れた荷馬車や樹の幹やを、大砲のやうに見せかけて、成るべく敵の砲弾を無駄費むだづかひさせるやうな事をたくらむ。
御老人おとしよりにお小使はおしなさい。小児こどもと老人は兎角無駄費むだづかひをしたがるもんですから。」