“御力”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みちから66.7%
おちから33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は昔御力を示して孟西を驚かし給ひぬ、されど、わが心には、罪なき實有とこそ見えたれ。
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
神さまの御力のこんな驚くべき示顕のことを思うと、自分一個の生命などという取るにも足らぬことを考えるのはなんというばかげたことだろう、と考えはじめました。
「さて/\御力かな、そなたは聞及びし諏訪越中な。さらば慮外ながらしつぺいらむ、うけて御覧候へ。」
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かの場合神々がはげしい御力発揮される場合には荘厳おうか、雄大そうか、とても筆紙されぬ、あのろしい竜姿をおわしになられます。