“山法師”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまぼうし50.0%
やまぼふし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さんぬる天保てんぽう庚申年に、山を開いて、共同墓地にした時に、居まわりに寺がないから、この御堂みどう建立こんりゅうして、家々の位牌いはいを預ける事にした、そこで回向堂ともとなうるので、この堂守ばかり、別に住職じゅうしょく居室いまもなければ、山法師やまぼうしも宿らぬのである。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
曼珠沙華まんじゆしやげひら/\と、左右さいうえたるを、あれはきつねか、と夜戻よもどりの山法師やまぼふし
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)