“小食:せうしよく” の例文
“小食:せうしよく”を含む作品の著者(上位)作品数
国木田独歩1
“小食:せうしよく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これも御免ごめんかうむり、元來ぐわんらい小食せうしよく自分じぶんべつにもならずすべてを義母おつかさんにおまかせしてちやばかりんで内心ないしん一のくいいだきながら老人夫婦としよりふうふをそれとなく觀察くわんさつしてた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
PR