“寢間着”の読み方と例文
新字:寝間着
読み方割合
ねまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着るまで二分間待つて下さい——何か乾いたものがあるなら、ですがね——よし、此處に寢間着がある。ぢや行つて下さい。
曉方になると、せまい家のから、寢間着のまま出て來ては、電柱に恁りかかつて、うつらうつら眠る平家の少女も、蚊帳のなかに手足を伸ばしてゐるのだらう。
夏の夜 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
ましてやでも夜中でも傘屋たとさへへば寢間着のまゝで格子戸けて、今日一日びになかつたね、うかおか、じてたにとつて引入れられるにあらうか
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)