“大言壮語”の読み方と例文
読み方割合
たいげんそうご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は少年の時から至極元気のい男で、時として大言壮語したことも多いが、天禀気の弱い性質で、殺生が嫌い、人の血を見ることが大嫌い。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
僕はこれを見て、ハハア、この人が今までの大言壮語も、その磊落の行儀も、思いつかずになしたでなく、一気焔で人をかすつもりか、あるいは豪傑をってのであったのだな。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)