“大罪人”の読み方と例文
読み方割合
だいざいにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巡査保護してくれなかったら、かれらはひどい大罪人でもあるように、わたしたちを私刑に行なったかもしれなかった。
「今はあらそふ者もなければ、義竜自ら濃州の守護となつて、悪人ながら威勢ありしに、ためしすくなき大罪人のむくいにや、幾程なく永禄四年に義竜たちまち悪病をひ、死去しけり」
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
思ひ始末に及びし事御は程なく黄泉にて申上てと伏拜み夫より一に南の町奉行所へ駈込私しは主殺しの大罪人御定法の御仕置願奉つると申たてければ役人共は一時發狂人と思ひしが容易ならざるへなればに一通り調べ有て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)