“大慶至極”の読み方と例文
読み方割合
たいけいしごく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いかにも、これもなにかの因縁。大慶至極でござる。そういうご趣向なら、いっそ表戸をしめてしまって、朝までとっくりとやってはいかがなもんでしょう」
らず放免られ、身に取りまして大慶至極、誠に先頃御無礼段々御立腹御様子で。
詩好の王様と棒縛の旅人 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)