“坐禪”の読み方と例文
新字:坐禅
読み方割合
ざぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んでも、坐禪を組んでも、諦めきれないのが、お喜代のポチヤポチヤした可愛らしさだ——眼の前にチラ付いて、寢ては夢、さめては
坐禪をするときの一般心得や、老師から公案や、公案一生懸命いて、りつゞけにらなくては不可ないやら
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「いやそんなことは煩らはしい。かうやつてゆツくり話をしながら、茶を飮んでるのがよい。あんた行きたけりや、一人で行くがよい。わしは其の間坐禪組んで待つてる。」
ごりがん (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)