“公案”の読み方と例文
読み方割合
こうあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかに知を養い知を脱すべきか、これがすべての作家に課せられている公案である。これを解くことなくして、美を産むことはできない。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
彼から云うといわゆる公案なるものの性質が、いかにも自分の現在と縁の遠いような気がしてならなかった。自分は今腹痛で悩んでいる。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
婆子焼庵」(禅の本で五燈会元というのに書いてある老婆が庵を焼く話)という題で、禅家の方の公案(禅宗の師匠が弟子に与えて修業させる試験の宿題)
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)