“地物”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じもの33.3%
ちぶつ33.3%
じぶつ16.7%
チブツ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“地物”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なるほどそれは好都合であると喜んでいると、三、四日の後、町の地物じものへ買物に立寄った時、偶然にあることを聞き出した。
温泉雑記 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と叫ぶと、地物じもの、地物、とガヤガヤどよめくうちに、糶場せりばの手が変わっている。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は絶対安全の地位を選んで、丁度敵に近づいた兵士達が、地物ちぶつから地物へと、身を隠して行く様に、木の幹を縫って、少しずつ少しずつ進みました。
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
せまい庵内なればこそ、八転四通の左膳の剣自由ならず、道場の屋根の下に慣れた栄三郎も五分五分に往けるのだが、一度野天に放したが最後、地物ちぶつり、加勢をあつめ、奔逸ほんいつの剣手鬼神の働きを増すことは知れている。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
又はそこいらの地物じぶつや、自分より強い者の姿に化ける……なぞ、低級、卑怯な人間のする事は皆、かような虫の本能の丸出しで、俗諺ぞくげんにいう弱虫、蛆虫うじむし米喰こめくい虫、泣虫
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
地物チブツの創造性として、天地アメツチ造らしゝ神と讃へられた事は、風土記と万葉とを綜合すれば知れる。
万葉びとの生活 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)