“命知”の読み方と例文
読み方割合
いのちし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へつ、弱蟲! そんなら貴樣らには、ができる。命知らず!」そしてをそびやかして睨視めつけました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
焼けだされた狼は、わずか三、四十人の隊伍であったが、なにせよ、武器をもっている命知らずだからたまらない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
い、みぐるしい案内者よ! やい、命知らずの舵手よ、しいれた小船を、巖礁角乘上げてくれ!……さ、戀人に!(と飮む)。