“只一”の読み方と例文
読み方割合
たゞひと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
したが、一卷只一らはぬことゝいふは、表紙がまだかず、しうぢてもい。はまだ沖中にぢゃ。
女子只一つの戀、あらゆる此世の望み、樂み、さてはにやさしき月花の哀れ、何れ戀ならぬはなし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
針鼠針鼠つてゐました、それがちやんには、二針鼠の一針鼠いやうに使つて、勝負つてるやうにえました、只一厄介には
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)