“古椅子”の読み方と例文
読み方割合
ふるいす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実はな、古椅子に貼ってあった皮を引剥して、三日間を喰わせてよ、それから縫いにったてえわけよ。底皮はな、古トランクよ。これは二足目だがね、どうもうまく恰好がつかない
諜報中継局 (新字新仮名) / 海野十三(著)
狭い、勾配の急な裏梯子を上り切ったところの細長い板の間は、突き当たりに厚いカーテンがかかっていて、古椅子や古テーブルなどを積み重ね、片側をわずかに人が通れるだけ開けてある。
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)
それは実際一種の劇場の桟敷で、ガラス戸から弱い明るみがほのかにさしており、二つの古椅子と編み目の解けた一枚のとが狭い中に置いてあり、の高さの前の口には黒木の板がついていた。