“午餐:ひるげ” の例文
“午餐:ひるげ”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外2
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
久生十蘭1
芥川竜之介1
“午餐:ひるげ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
社の報酬はいふに足らぬほどなれど、棲家をもうつし、午餐ひるげに往く食店たべものみせをもかへたらんには、微なる暮しは立つべし。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
社の報酬はいふに足らぬほどなれど、棲家すみかをもうつし、午餐ひるげに往く食店たべものみせをもかへたらんには、かすかなる暮しは立つべし。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
余が文書を受領して大臣の室を出でし時、相沢は跡より来て余と午餐ひるげを共にせんといひぬ。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
なお、当日、午餐ひるげには菰樽こもだるちょうかがみをひらき、日ごろ功労のあった重臣に鶴の血をしぼりこんだ『鶴酒つるざけ』を賜わるのが例になっていた。
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
二人はその僧を訪ねて、午餐ひるげの馳走になつた。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
わが姫の面を見しは午餐ひるげの時なりき。