“切落”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりおと80.0%
きりおとし20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ただ、ある所で京子さんの右の腕を見たんです。確に見覚のある、お嬢さんの手首を見たんです。肘の所から切落された腕丈けを」
恐怖王 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ずんと切落せば掃部はらず尻居れつゝヤア殘念めしやし討とは卑怯未練是重四郎殿何者か我が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
政信はまた観客の雑沓せる切落両側桟敷のはづれに小さく舞台の演技を見せたる劇場内部の図をも多く描きぬ。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)