“切捲”の読み方と例文
読み方割合
きりまく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよいよ街頭に立つまでの陣容を整えるにはかなりの長い準備を要したので、つやち疾風枯葉を巻くが如くに文壇を切捲ったのも当然である。
これはし乱暴でも仕掛けたときは柱を楯に取って多勢を相手に切捲ろうという、そこで床柱のへ坐りました。
飛違へ未だ生若き腕ながら一懸命切捲れば流石に武士のきには敵し難くや駕籠舁ども是ははじと逃出すを何國迄もと追行相※やなしたりけん地藏堂の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)