“傳播”の読み方と例文
新字:伝播
読み方割合
でんぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寡言なむつゝりとした卯平より勘次みようともしなかつた。おつぎはそれをしんでたがそれは到底ばぬことであつた。村落には卯平との衝突がぱつと傳播された。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
采配をつてお勢の家へ人を走らせたり、町役人に屆けさせたり、一方家中の者の口を封じて、無制限に擴がつて行く危險な噂の傳播を防ぎましたが、かうなつては何程の役にも立ちません。
我々の祖先に依ツて廣く傳播された宗教といふ迷信的の眞理では、我々人類が甚だえらい者のやうに説かれてゐるから、人間の靈性だとか、死者の尊嚴だとかいふことを考へて、解剖することが
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)