“仁惠”の読み方と例文
新字:仁恵
読み方割合
じんゑ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
段々吟味致せし所彌々兩人を殺したるき白状に及びたり依て罪のて仰付らるち傳吉が口書の趣き承まはれと讀聞せければ憑司は誠に御役所の御仁惠を以て悴と嫁の敵を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其方儀平生身持からず博奕喧嘩み其後重四郎に三五郎より頼まれ候とはも掃部茂助藤兵衞三人の死骸を燒棄其上利根川へ流し候段重々不屆の所格別の御仁惠を以て遠島申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)