“仁恵”の読み方と例文
旧字:仁惠
読み方割合
じんけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ず重罪なるものは罪をくいたすようなお情深いお奉行で余程お調べに仁恵がありました事でございます、其の中でも吉田監物の家の事に付いて豊前守様から曲淵甲斐守様へお引継になり
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)