“人生行路”の読み方と例文
読み方割合
じんせいこうろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此処は西欝々とした杉山と、東若々とした雑木山まれた田圃で、北手に甲州街道が見えるが、豆人寸馬遠く人生行路を見る様で、てあたりのけさをえる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)