“無人生”の読み方と例文
読み方割合
むにんしやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まことや帝城を離れて二百里、郷里を去りて無人生、同じ土ながら、さながら世を隔てたる高野山、眞言祕密の靈跡に感應の心も轉〻澄みぬべし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)