“浪人生活”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうにんぐらし50.0%
ろうにんせいくわつ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも、今度のような絶好な機会を逃すのは、涙の出るほど残念だが……金となっては、どうしようもない浪人生活だ。もう、その事にては、云うな、云ってくれるな
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
時間し、浪人生活氣樂さは、何時でもはず發掘從事するとが出來るのである。