“人生観”のいろいろな読み方と例文
旧字:人生觀
読み方割合
じんせいかん50.0%
ライフ・フィロソフィー50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だからおれのから人生観などと、しゃれたことをいうのはおかしいが、人間社会は、てられた機械のようなものだとじているのさ。
戦友 (新字新仮名) / 小川未明(著)
砂山の砂の中に酒をめておいて、ぶらりとやって来てそれを飲んで酔うのを楽しみにしているのと知り合いになりましてね……そいつの人生観がばかにおもしろいんです。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)