“五厘”の読み方と例文
読み方割合
ごりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それだけあれば、もうくに煙草燒芋と、大福餅になつてた。煙草五匁一錢五厘燒芋一錢六切大福餅一枚五厘であつた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
八百安が物は何時も帳面につけた様なと笑はるれど、愛顧は有がたきもの、曲りなりにも親子三人の口をぬらして、三之助とて八歳になるを五厘学校に通はするほどの義務もしけれど
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
……どうも平民は、すぐに勘定にこだはるやうでおかしいけれども、何事早分りがする。……豆府一挺が、五厘から八厘一錢乃至二錢である。……つたな! うも。
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)