“丑之助”の読み方と例文
読み方割合
うしのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丑之助、英太郎、権三郎、団子、三田八などが出演して好評を博したのが、そもそも子供芝居流行の原因を作ったのであると説く人もあるが
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
月ヶ瀬からずっと奥の服部郷荒木村という僻地から、常に炭だのの肉だのを——城内へ大人と一緒にいでくる——丑之助という十三、四歳の山家の子だった。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして出来あがつた上は太秦のそれにつて牛祭を催す事にめて、伊原青々園祭文を、梅幸の振付で、その往時丑之助の名にんで菊五郎が踊るのだといふ。