“下阪”の読み方と例文
読み方割合
げはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その間に父は結婚して、私もいちど二つのときに父母に連れられて大阪へ行ったことがあるが、その後の下阪の際には東京の祖父母の許に残った。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
大阪美術倶楽部で催された故清元順三の追悼会に、家元延寿太夫が順三との幼馴染ひ出して、病後のれにもらず、遙々下阪して来たのは美しい情誼であつた。
これより先、重井らは、東京にての金策成就し、渡韓の費用を得たるをもて、直ちに稲垣と共に下阪してそが準備を調え、梅清処塾にありし壮士は早や三々五々渡韓のりぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)