“テント”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:てんと
語句割合
天幕94.8%
幕舎1.3%
天套1.3%
天道1.3%
軍幕1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(みづから天幕の中より、したる蝋燭取出だし、野中に黒く立ちて、高く手にす。一の烏、三の烏は、二の烏のむ。)
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
そして即日、戦野の幕舎を払って退却に移ったが、北京府の城内では、このを知っても、たびたび奇計にりていたので
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、ついにその日は司令部の幕舎のうちで横になってしまった。謹厳な彼として、陣中、昼の臥床れるなどは、けだし、よくよくであったらしい。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
屋根が壊れていて天套でもなければ宿れそうもない、たまたま霧の間から横尾谷の大雪渓と、岳川谷千仞の底より南方に尾を走らしているのが、瞬間的に光るのを見た。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)
天道さんはえらい方
(新字新仮名) / 竹内浩三(著)
城外の野に、軍幕をつらねて、朝夕、ひょうひょうの寒風にはためかれている一の内に、宋江は今日しも、深い思案に沈んでいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)