“をちかた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヲチカタ
語句割合
遠方94.1%
彼方5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夢ごこちなる耳に遠方をちかたの虫の声のきたりしこそ云ふよしもなきなまめかしさを感ぜしめさふらふ
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
遠方をちかたは雨雲に閉されて能くも見え分かず、最近まぢかに立つて居るかしはの高さ三丈ばかりなるが、其太い葉を雨に打たれ風に揺られて、けうときを立てゝ居る。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
彼方をちかた赤土はにふ小屋をやこさめとこさへれぬ身に我妹わぎも 〔巻十一・二六八三〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)